商品カテゴリ

高画質画像ダウンロード

HOゲージ鉄道ジオラマ

HOゲージ採用の精巧なジオラマ。人気車両を実際に走らせることができます。

ツール詳細

ho-banner
ho-syousai-1 ho-syousai-2 ho-syousai-3
ho-syousai-4 ho-syousai-5 ho-syousai-6

【超精密な鉄道ジオラマ!】
非常に精巧なHOゲージスケールの鉄道ジオラマです。
車両は「E5系新幹線はやぶさ」、「寝台特急北斗星」、「キハ58系ディーゼルカー」、「285系寝台特急電車サンライズエクスプレス」「EF510+コンテナ貨物列車」です。子どもたちが実際に自分で運転をすることが出来ます。

ho-syaryou

イベントの様子

ho-genba-4 ho-genba-2
ho-genba-5 ho-genba-6

HOジオラマとトレインパークを同時開催した際の写真です。多くの行列ができました。HOジオラマは見ているだけでも楽しく、お子様たちはイベント会場からなかなか離れません。

ho-genba-3 ho-genba-1

     専用のコントローラーで列車を動かします。保護者の方と一緒に楽しむこともできます。

 

よくあるご質問

【Q1】設営と撤去はどれくらいの時間がかかりますか?
【A1】設営に約3時間、撤去に約1時間半かかります。なお、精密機械のため、会場に運び入れる際に雨などで濡れる場所は避けてください。

【Q2】屋外での実施は可能ですか?
【A2】精密機械のため、屋内での実施に限定させていただきます。

【Q3】同時に何人遊ぶことができますか?
【A3】同時に5名まで遊べます。

【Q4】Nゲージはよく名前を聞きますが、HOゲージとNゲージは何が違うのですか?
【A4】精密機HOゲージとNゲージの違いは縮尺率が異なり、線路の幅もHOゲージの方が大きく作られています。Nゲージの線路幅は9mm、HOゲージは16.5mmです。日本では家が小さいなどスペースが取れないことが要因で、Nゲージを趣味でされる方が多いですが、世界的にはヨーロッパを中心にHOゲージがより普及しています。HOゲージは耐久性も高く、車両もNゲージと比べて大きいのでイベントに向いているという想定で弊社ではHOゲージを採用しています。また、相対的にHOゲージの車両の方がNゲージに比べて高価です。実際に鉄道イベントを多く実施されているお客様からも、「HOゲージはタフでいいねぇ、Nゲージは繊細過ぎて・・・」という感想を頂いています。

サイズ W4.5m×D1.8m×H1.0
対応人数 3人
運営要員 2人
電源 15A×1口 

お見積り・お申し込み